トップ > 知っておきたい機能 > パス関連 > ノードツールでのパスの編集 >
ノードの種類の確認と変更

  

ノードにはシャープノードとスムーズノードがある

Inkscapeのパスは、点となるノード、線となるセグメントで構成されているということはすでに説明した通りですが、ノードには、シャープノードとスムーズノードの2種類があります

 

シャープノードはコーナーポイントとも呼ばれ、両側の線をそれぞれ別の方向へ伸ばすことができます。 つまり、鋭利な角も表現することができます。

一方、スムーズノードでは、線はもう一方の線と逆方向にしか伸ばせません。 つまり、緩やかな曲がりしか表現することができません。

この記事では、ノードの種類を確認する方法とノードの種類を変更する方法について解説します。

対称ノードと自動スムーズノード

スムーズノードには、通常のスムーズノード以外にも対称ノードと自動スムーズノードと呼ばれるものもあります

対称ノードは通常のスムーズノードと似ていますが、両側のノードハンドルが同じ長さに制限されるという違いがあります。 片方のノードハンドルがもう片方のノードハンドルの逆方向に向くというのは、通常のスムーズノードと同じです。

自動スムーズノードは曲がりが自動的に調整されるノードで、利用者がノードハンドルの角度や長さを調整することはできません。 調整しようとノードハンドルを操作すると、強制的に通常のスムーズノードに変更されます。

ノードの種類の確認と変更

では、ノードの種類を確認し、さらにノードの種類を変更してみましょう。

1. 選択ツールで対象のパスを選択
1. 選択ツールで対象のパスを選択

上図のように選択ツールで対象のパスを選択します。 続いて、ノードツールに切り替えます

2. ノードツールを選択
2. ノードツールを選択

上図のように画面左部にあるツールボックスからノードツールを選択します(またはキーボードのN(またはF2キー)を押します)。

3. ノードとセグメントが表示される
3. ノードとセグメントが表示される

上図のように表示が変化し、ノードとセグメントが表示されます。 なお、ノードの種類はノードの形状で判別することができます

4. ノードの種類は形状で判別できる
4. ノードの種類は形状で判別できる

上図のようにノードの形状が菱形であればシャープノード、四角であればスムーズノードか対称ノード、円であれば自動スムーズノードです

  
スムーズノードと対称ノードは同じ形状であるため、形状の見た目では区別できません。

また、画面下部にある通知エリアでもノードの種類を確認することができます。

5. ノードにマウスカーソルを乗せる
5. ノードにマウスカーソルを乗せる

上図のようにノードにマウスカーソルを乗せます。

6. 通知エリア
6. 通知エリア

上図のように通知エリアにノードの種類が表示されます。

  
シャープノードの場合は、通知エリアに "角ノード" と表示されます。 Inkscape 0.92系までは "シャープノード" と表示されていましたが、Inkscape 1.0で "Corner Node" となりました。 シャープノードは、コーナーポイントとも呼ばれるので間違ってはいませんが、統一して欲しいところです。

では次に、ノードの種類を変更してみましょう。 まずは、対象のノードを選択する必要があります。

7. ノードを選択する
7. ノードを選択する

上図のようにノードの種類を変更したいノードをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でクリックします。

8. ノードが選択される
8. ノードが選択される

上図のようにノードが選択されます。 では、ノードの種類を変更します

9. ツールコントロールの[選択ノードの種類をスムーズに]ボタンを押す
9. ツールコントロールの[選択ノードの種類をスムーズに]ボタンを押す

上図のように画面上部にあるツールコントロールの[選択ノードの種類をスムーズに]ボタン([選択ノードの種類をスムーズに]ボタン)を押します(またはキーボードのSHIFT+Sを押します)。

  
"Smooth" から連想して覚えましょう。
10. ノードの種類がスムーズノードに変更される
10. ノードの種類がスムーズノードに変更される

上図のように選択中のノードの種類がスムーズノードに変更されます。 ノードの形状が四角になっていることがわかります

ではここで、右側のノードハンドルを上に移動させてみましょう。 右側のノードハンドルをマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグします。

11. ノードハンドルをドラッグ
11. ノードハンドルをドラッグ

上図のようにノードハンドルをドラッグします。 赤色の矢印はドラッグの動きを表しています。

12. 左側のノードハンドルも連動して移動する
12. 左側のノードハンドルも連動して移動する

上図のように左側のノードハンドルも連動して移動します。 このようにスムーズノードでは、片方のノードハンドルがもう片方のノードハンドルの逆方向へ移動します。

  
  

まとめ

ノードには、鋭角を表現できるシャープノードと鋭角を表現できないスムーズノードの2種類があります。 スムーズノードには通常のスムーズノードに加え、対称ノードや自動スムーズノードと呼ばれるものもあります。

ノードの種類 説明
シャープノード 鋭角を表現することができる
※通知エリアには "角ノード" と表示される
スムーズノード 鋭角を表現することはできない
対称ノード 同上
※スムーズノードの一種
自動スムーズノード 同上
※スムーズノードの一種

ノードツールに切り替えることで、ノードの形状でノードの種類を判別できるようになります。 ノードの形状が菱形であればシャープノード、四角であればスムーズノードか対称ノード、円であれば自動スムーズノードです。

また、マウスカーソルをノードに乗せると、画面下部の通知エリアにノードの種類が表示されます。 なお、シャープノードの場合は "角ノード" と表示されます。

操作/コマンド 説明
[ノードツール]ボタン
(または)
N
(または)
F2キー
ノードツールを選択する
(ノードツール選択中)
(ノードの上で)
マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)
ノードを選択する

ノードツールでノードを選択することで、画面上部のツールコントロールのボタンやキーボードからノードの種類を変更することができます。

操作/コマンド 説明
[選択ノードの種類をシャープに]ボタン
(または)
SHIFT+C
選択中のノードをシャープノードに変更する
[選択ノードの種類をスムーズに]ボタン
(または)
SHIFT+S
選択中のノードをスムーズノードに変更する
[選択ノードの種類を対象に]ボタン
(または)
SHIFT+Y
選択中のノードを対称ノードに変更する
[選択ノードを自動スムーズに]ボタン
(または)
SHIFT+A
選択中のノードを自動スムーズノードに変更する
 
メニュー